ネイルケアは何の為にするもの?

ネイルケアは何の為にするもの?
以前『ナチュラルな爪のケアに興味がある方へ!~爪にやさしいウォーターケア~』というタイトル でネイルケアについて書かせて頂いていたのですが

実際のところネイルケアは何の為にするの?するとどんな効果が見込めるの?

と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

今日はそのネイルケアについて詳しくご説明したいと思います。

簡単に言うとネイルケアとは「爪の形を整えて甘皮を処理すること」なのですが、単純に思えるこの行程を丁寧にしっかりとするかしないかで

実は。。。

その後のカラーリングの持ちや爪の形にまで影響してくるんですよ!

爪の根元には雑菌の侵入を防ぐ為の甘皮がありますが、爪が伸びると同時によけいな角質が見えない膜となって表面にこびりついて残ってしまいます。

これをルースキューティクルと呼びます。

このルースキューティクルがあると乾燥しやすくなり、乾燥するとますます角質は固く、厚くなり最終的にはひび割れてきてしまう方も。。。

ネイルケアでは甘皮ではなく、この不要なルースキューティクルや爪のサイドの角質の固くなった部分を取り除き、甘皮本体を押し上げるので爪がスムーズに伸びる

美しいアーチが現れてくる

爪の形が長くなっていく

ささくれや爪の横に生える小爪が再生しなくなる

乾燥しなくなるetc….

といった様々な効果が見込めるのです。

ただこのルースキューティクル。

なんと3日で生えてくる(驚!)のでこまめなケアが必要なんです。

そのためデアフローラでは1~2週間に1度、月に2~3回程のペースでのケアをおススメしております。

でもこれで驚く程キレイな爪になる事が期待できるとなれば、やる気にもなると言うものでしょうか(笑)

ご興味、関心のある方はお気軽にご相談、お問い合わせ下さい♪

レセプションスタッフ 中川

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)